中山駅すぐの歯医者「みどり中山デンタルクリニック」は総合歯科として小児歯科やインプラント、特殊入れ歯まで対応しています

文字の大きさ

  • 文字のサイズ小
  • 文字のサイズ大
  • facebook
  • twitter
  • rssを購読する
  • LINEで送る

みどり中山デンタルクリニック

スタッフブログ

こんにちわ
中山駅すぐ「みどり中山デンタルクリニック」院長伊藤です

昨日はクリスマスイブにも関わらず職人さんたちが医院のガラスにウィンドサインを作ってくれました。外からまったく見えないと患者さんも入りずらいだろうし、見えすぎるのも恥ずかしいだろうし。ぼんやり中が見えるか見えないか位のウィンドサインにしていただきました。
さて2回にわたり歯科医院ではレントゲンが安全性を向上させるためにとても重要なものということを書きました

歯の中、骨の中を見る大変重要な機械ですが
放射線を使うためほんの少しだけ被ばくします
本日はこの「被ばく」についてお話します

3.11、東日本大震災は多くの命を奪い
その後、原発問題が起こり「シーベルト」という言葉はとても有名になりました
これは放射線に対するその影響の度合いを測る単位です

日本では普通に生活していても1.5~2.4ミリシーベルト被ばくするといわれています
どれくらいなのかわかりにくいですよね
世界平均は約2.4ミリシーベルトということなので、平均よりもやや少ないですね。
ブラジルやインドで日本の10倍も放射線量があるところもあります。

歯科で使用するレントゲン写真は
「デンタル」が0.01ミリシーベルト

「パノラマ」で0.03ミリシーベルト
「歯科用CT」では0.1ミリシーベルトとどれも極々少量です

まったく安全ですっていうつもりはありませんが
日本での日常生活にレントゲン写真を撮ったから体に異変が起こることはないので
レントゲンやCTを使用しないで歯の治療をするのは安全性や確実性といった面からもオススメしません
当院では不要と判断したら無理に仕様はしませんので、ご安心ください

CIMG5953CIMG5952

当日予約・急な痛みはお電話で TEL:045-933-5700

取り扱いクレジットカード※保険治療では、ご利用いただけません。JCB/americanexpress/DC/UnionPay/DISCOVER/VISA/MasterCard