中山駅すぐの歯医者「みどり中山デンタルクリニック」は総合歯科として小児歯科やインプラント、特殊入れ歯まで対応しています

文字の大きさ

  • 文字のサイズ小
  • 文字のサイズ大
  • facebook
  • twitter
  • rssを購読する
  • LINEで送る

みどり中山デンタルクリニック

スタッフブログ

こんにちは
みどり中山デンタルクリニック
院長伊藤です

しばらく更新ができずご心配おかけしました。
今月より私がもっとも得意とする入れ歯についてのお話をしていきたいと思います。

突然ですが、急に入れ歯にしなくてはいけない
または、入れ歯を急いで使わなければいけない状況になったら・・・
多くの患者さまはきっと「不安」を感じると思います
実際、歯科で入れ歯の質問や相談の多くは

・不安
・恥ずかしい
・知られたくない
・他の歯への影響
・痛い
・話しにくい
・手入れが大変そう
・インプラントにするべきか悩んでいる

このような相談が多いですね

【適切な入れ歯の設計が他の歯の影響を限りなく少なくできます】

始めて入れ歯を使う方は、ブリッジがダメになって入れ歯になる方が多いかと思います。
小〜中サイズの入れ歯には金属製のバネがあり、残っている歯に引っ掛けていますが
バネを引っ掛けている歯には応力がかかるため、ぐらぐらになりやすいです
入れ歯にすると付近の歯も入れ歯になりやすいというのはこういうところから来ています

この応力の集中を防ぐためには適切な入れ歯の設計が必要です。
他の健康な歯を守り、入れ歯を安全に使用するためには
定期的に歯科医院に通いメンテナンスをしてください。

【入れ歯を限りなく目立たないようにすることもできます】

入れ歯にはバネがあるため口を開けた時に目立ったり、舌感が悪かったりします。
「もっと自然に」や「目立たなくしたい」という要望は多いですね
こういう場合は残った歯に磁石を使ったり少数のインプラントを用いることでバネを使わない・目立たない入れ歯にすることができます、例をいくつか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-11-13-08
(例)上顎のがん手術後の患者さんにインプラントを利用した入れ歯

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-11-13-41
(例)下顎のがん手術後の患者さんにインプラントを利用した入れ歯

また金属製のバネの代わりに、目立たない歯茎と同じ色のバネ(樹脂製)を用いた入れ歯もあります。
若い方で入れ歯を検討される方は特に「目立つ」というのに不安を感じると思いますが
様々な方法で自然な入れ歯にできますので、歯科医師にしっかり思っていることを伝えてくださいね

【現在入れ歯を使用している皆様へ】

気に入っている入れ歯でも長く使っていると、
かみ合わせがすり減り、顎の骨に異常な吸収をきたすこともあり注意が必要です。
入れ歯は一つとして同じものがありません。
いい入れ歯を作るには、残っている歯の治療も必要になることもあります。

日本ではまだまだ歯科医院に行く習慣が薄く
ついつい忘れてしまったり、他のことを優先してしまいがちですが
入れ歯はもちろん、健康な歯も定期的に歯科医院で見てもらうことで
問題の早期発見や長く使えたり、歳をとっても自分の歯でご飯が美味しくたべれます
若いうちから定期的に通うようにすることをオススメします

ご存知の方も多いと思いますが
私は昭和大学高齢者歯科学講座に在籍し、ご高齢の患者様の入れ歯、歯周病、インプラント治療を長年行ってきました。
一般的な入れ歯はもちろん、特殊な入れ歯もあります

次回は最近の事例と実際の入れ歯をご紹介したいと思います。

>横浜市緑区で入れ歯にお悩みの方は是非ご相談ください

当日予約・急な痛みはお電話で TEL:045-933-5700

取り扱いクレジットカード※保険治療では、ご利用いただけません。JCB/americanexpress/DC/UnionPay/DISCOVER/VISA/MasterCard